図録

吉村昭記念文学館では、各種図録を刊行しております。
ゆいの森あらかわ1階総合カウンターで販売しているほか、郵送での購入も承っております。詳細はお問い合わせください。

常設展示図録

吉村昭記念文学館 常設展示図録


600円(税込) A4型、150ページ、オールカラー

吉村昭記念文学館の常設展示をわかりやすく紹介しております。「吉村作品の舞台と取材地」マップを附録としてポスターにしました。なお、友の会会員の方には無料で贈呈いたします。

【正誤表のお知らせ】
「吉村昭記念文学館常設展示図録」に誤りがありましたので訂正いたします。読者の皆様と関係各位に深くお詫び申し上げます。
既にご購入のお客様には、ご面倒をおかけいたしますが、こちらPDFPDF正誤表からダウンロードしてご利用ください。
ゆいの森あらかわ1階総合カウンターでも配布しております。

企画展示図録

吉村昭記念文学館では、年1~2回の頻度でテーマを設定し、吉村昭という作家や作品、その背景等をご紹介する企画展示を開催しており、これまでの企画展で刊行された展示解説図録を販売しています。なお、友の会会員の方には、会員期間中に開催された企画展の図録を贈呈しています。

令和3年度企画展図録 「吉村昭没後15年 私の好きな……」


460円(税込)  B5型、64ページ、オールカラー

自筆資料や関連資料のほか、随筆に登場する「うまい物」を地図にした「吉村昭の味を追う旅マップ」、担当編集者12名による著作紹介「担当編集者が選ぶ「私の好きな吉村作品」」などを収録しています。
谷口桂子氏(作家、俳人)、牧村健一郎氏(ジャーナリスト)、山口昭男氏(岩波書店元代表取締役社長)による特別寄稿も掲載しています。

PDF正誤表のお知らせ(PDF:181KB)(PDF:177KB)

令和3年度企画展図録 「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」


420円(税込)  B5型、48ページ、オールカラー

「三陸海岸大津波」や「関東大震災」に関する取材ノートをはじめ、初公開の旧蔵書などを収録しています。また、吉村昭・津村節子夫妻と親交のある方や、各分野で活躍されている方々、10名の特別寄稿と、荒川区と交流のある釜石市から届いたメッセージも収録しています。

令和2年度企画展図録 「吉村昭 医学小説 伝染病予防に奔走した人々―」


370円(税込)  B5型、48ページ、オールカラー

自筆資料や関連資料のほか、絵本『川尻浦久蔵』に関する図版も収録しています。
仲野徹氏(大阪大学医学部教授・読売新聞読書委員)、村上もとか氏(漫画家・「侠医冬馬」「JIN-仁-」作者)、坂下裕明氏(編集者)による特別寄稿も掲載しています。

※企画展オリジナルグッズの販売もございます。

令和2年度企画展図録 「戦後75年 戦史の証言者たち―吉村昭が記録した戦争体験者の声―」


410円(税込)  A5型、64ページ、オールカラー

WEB展示に出品されている全作品のカラー図版のほか、未公開の自筆原稿や取材ノートの中身を大公開しています。
吉村司氏(吉村昭・津村節子氏長男)、森史朗氏(作家)、梯久美子氏(作家)、紅野謙介氏(日本大学文理学部教授)による特別寄稿も収録しています。

※企画展オリジナルグッズの販売もございます。

平成30年度企画展図録 「津村節子展 生きること、書くこと」


350円(税込)  B5型、64ページ、オールカラー

津村節子氏の約60年に及ぶ創作活動を、様々な資料とともに振返った企画展です。津村氏がどのように生き、作品にどんな思いを込めて書いてきたのかを、自筆原稿や構想メモ、愛憎品などを通して紹介しています。
図録には、加賀乙彦氏(作家)、与那覇恵子氏(東洋英和女学院大学教授)、山口昭男氏(岩波書店前代表取締役社長)、谷出千代子氏(越前市かこさとしふるさと絵本館「らく」館長)による特別寄稿も収録しています。

平成29年度 吉村昭生誕90周年記念企画展図録 吉村昭とふるさとあらかわ―生い立ちとその作品世界―


240円(税込)  A4型、32ページ、オールカラー

荒川区で過ごした幼少期から青年期にかけての写真やゆかりの品から小説家吉村昭の原点をたどり、写真や自筆原稿、作品に関連する挿絵などの資料を通して、吉村の描いた作品世界を紹介しています。「関連略年譜」を附録としてお配りしています。

広報紙

当館では、吉村昭記念文学館ニュース「万年筆の旅」を年2回(10月と3月)発行し、文学館で実施したイベントや、吉村作品に関する情報等をお知らせしています。
文学館開館以前には、「吉村昭記念文学館準備室ニュース」として、主に文学館設置準備状況などについてお知らせしていました。
文学館ニュースは、主にゆいの森あらかわ1階総合カウンター、文学館内で配布しています(※バックナンバーの一部は、在庫切れの場合がありますので予めご了承ください)。
また、吉村昭記念文学館友の会にご入会いただいた方には、入会年度内に発行されるニュースを郵送でお届けいたします。

「万年筆の旅」バックナンバー

最新号を含めたバックナンバーを下記PDFデータでご覧いただけます。

PDF万年筆の旅vol.18(令和4年3月25日発行)

  • 巻頭コラム「―残されたシナリオ「破獄」のこと―」
  • 令和3年度企画展「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」開催報告
  • 第15回トピック展「津村節子「花がたみ」―越前和紙の魅力―」開催報告
  • 第16回トピック展「残されたシナリオ―未完・熊井啓監督版「破獄」を中心に―」開催報告
  • おしどり文学館協定記念朗読会「津田寛治「天狗争乱」を読む」
  • 吉村昭・津村節子ゆかりの人~作品紹介 将基面誠『無医村に花は微笑む』(初版)

PDF 万年筆の旅vol.17(令和3年10月14日発行)

  • 巻頭コラム「絵本・紙芝居「川尻浦久蔵」の制作について」
  • 令和2年度企画展「吉村昭 医学小説―伝染病予防に奔走した人々―」開催報告
  • 第13回トピック展「新収蔵資料展―自筆原稿大公開―」開催報告
  • 第14回トピック展「吉村昭と太宰治賞~55年前の出発点~」開催報告
  • イベント「吉村昭関連映像上映会」開催報告

PDF 万年筆の旅vol.16(令和3年3月26日発行)

  • 巻頭コラム「万年筆からみた吉村昭」
  • 第11回トピック展「吉村昭が描いた天狗党―「動く牙」と「天狗争乱」福井の旅―」開催報告
  • 第12回トピック展「吉村昭と万年筆」開催報告
  • 友の会限定イベント「万年筆で作家体験をしよう」開催報告
  • WEB展示「戦後75年 戦史の証言者たち―吉村昭が記録した戦争体験者の声―」開催報告

PDF 万年筆の旅vol.15(令和2年10月31日発行)

15号から誌面をリニューアルしました!!

  • 【特集】第9回著作紹介「コロナ禍の今、読んでほしい吉村作品」
  • 第9回トピック展「吉村昭と震災小説―「三陸海岸大津波」と「関東大震災」を中心に―」開催報告
  • 第10回トピック展「瀬戸内寂聴と津村節子」開催報告
  • ♯『熊嵐』実物大羆再現パネルフォトスポットの紹介
  • 足跡を訪ねて―愛媛県宇和島市やまこうどん―
  • おしどり文学館協定 荒川区・福井県合同展示のお知らせ

PDF 万年筆の旅vol.14(令和2年3月22日発行)

  • おしどり文学館協定締結2周年記念事業報告
  • 証言記録映像の新作紹介
  • 著作紹介第8回「雪の花」
  • 朗読会「海も暮れきる」とトーク(俳優 橋爪功氏)開催報告・トーク内容紹介
  • 企画展「海も暮れきる」開催報告
  • 第6回トピック展「動物へのまなざし」展示報告
  • 第8回トピック展「吉村昭の取材力」展示報告

※「万年筆の旅」vol.14に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
【3頁最上段2行目】誤:「酒井シズ」→正:「酒井シヅ」
【8頁最下段註2】誤:「下士官の手記」(『戦艦武蔵ノート』昭和45年図書出版社)→正:「下士官の手記」(『精神的季節』昭和47年講談社)

PDF 万年筆の旅vol.13(令和元年10月15日発行)

  • 企画展 吉村昭「海も暮れきる」展示案内
  • 館蔵資料展「吉村昭と北海道」展示報告
  • 第3回トピック展「吉村昭と東京開成中学校」展示報告
  • 第5回トピック展「吉村昭と学習院時代」展示報告
  • 落語会(学習院大学落語研究会)開催報告
  • 著作紹介第7回「海も暮れきる」

PDF 万年筆の旅vol.12(平成31年3月22日発行)

  • おしどり文学館協定締結1周年記念事業報告
  • 朗読会「智恵子飛ぶ」(俳優 竹下景子氏)開催報告
  • 講演「果てなき往復書簡」(山口昭男氏)開催報告
  • 書斎再現展示資料燻蒸について
  • 第2回トピック展「津村節子『智恵子飛ぶ』の世界」開催報告
  • 著作紹介第6回「ふぉん・しいほるとの娘」